Ken South Rock!!!!!

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark

OPEN-MIC04:Bar4

Bar4


続ニューヨークツアー拡充大作戦 | permalink | - | - | pookmark

LIVE@Good-byeBlueMonday Brooklyn,NY

6月にNYに来た時に覗きに行ったバー。
大々的にOPEN-MICをやっていないので、ステージに上がったことはなかったのだが、日本からメールしたところ、ブッキングをしてくれた。

場所はM,Jトレインでブルックリンの東に少し行ったところで、若干町外れのノリがある。前回Photonが企画を打ってくれたPartyExpoもこの辺りだったが、PartyExpoは倉庫を改造…つーかそのままライブハウスと名乗ってやっている感じだったし、Good-byeも大きな部屋にステージをつくって、机と椅子を並べ玩具やレコードとかをぶちまけて、なんとかライブバーの体裁を保っているようなところ。ほかに一軒、飲みに行ったバーも、間違いなくもと美容室。パーマ椅子とかそのまま並んでたからね。
この辺、家賃が安いから若いヤツが多くて、そいつらがノリ一発で始めちゃった!みたいな店がポチポチあるようだ。
slot5/23:45START予定。21:00を目指して向かうも、暴睡。電車を乗り過ごしてしまったあげく、あまりの静けさに一度店を通り越してしまい、辿り着いたのは22:00近く。超わかりづらい店のドアを開く。薄暗い店内、突き当たり奥に小さなステージ…でもピアノはある。テーブルが8ぐらいかな、そこにお客さんか?出演者か?7、8人がもさりとビールを飲んでいる。全員安ビールの代名詞PBR缶。ここは生ビールもやってないからね。つーかそれよりステージ!ガリガリのおっさんが、コンピューターいじってノイズを延々と垂れ流してるから!むむむ…しかもよくない。たまに『飲んでるかい?』とか『盛り上がってるかい?』って…よっっっぽどの珍獣でなけりゃあ無理だから!…この状況は…とりあえずPAのお兄ちゃんに挨拶。すると、『あっKen!調子はどう!?次よろしくねー!』だって…これまで行ったバーではありえない適当具合!なんだか拍子抜けしつつも気合いを入れねばと、申し訳ない程度のカウンターでほげっとしている、明らかにゲイの店員のお兄ちゃんにPBR缶をもらって…これは超冷えてて、むちゃくちゃ美味かったなー…出番です!
OPEN-MICで毎晩2曲とは言え、歌い続けること5日目。いろ〜〜〜んなことに慣れて来て、声も伸びるし、体も動くし気持ちいい。ラストの『人間やりたい』のほうでは、少ないながらお客さんもギャーギャーと盛り上がって!今宵もいい感じだぜ!

さてさてこの日はここからまたひと祭り!ライブあと数人、声をかけに来てくれたんだけれど、そこに中の1人がGood-byeの店員で、休みなのにたまたま来ていたアダム。ドラム。親父がそこそこ有名なジャズミュージシャン。
『やっべーよKen!エナジーだよエナジー!やっべーよKen!俺ドラムなんだけどさー!一緒にやっちゃおーぜ!やっべーよKen!ビール飲む?やっべー!準備できたら行こうぜ!』って、今からかよ!!!!!
どーやらここの2階で、セッションが出来るらしいんだ。ビール片手にアダムについて2階に上がると、かなり広いが普通の部屋にドラム、アンプ類、ピアノなんかが無造作に置かれている。『5分ならやっていいってさー』

久しぶりのストラトにフェンダーTWIN!普通の家で密集住宅地でフル10だぜ!ありえない!
エレキギターの!音の破壊の振動が全身を揺さぶる!ゲインをマスターをねじ切れ!スピーカーをぶっ裂け!真空管を焼き尽くせ!
ゴgogogogogoギャーーーーーaaaaaaaaaaa!!!!!!!!!!!!!!!!!!
アダムが狂ったようにぶっ叩く!叫ぶ!叫ぶ!ぶっ叫ぶ!
これが楽しく気持ちよくなかったら死んだほうがいいぜ!マジで!

『やっべーよKen!11/20にANGELってトコでSHOWがあるんだけど2人で出ようぜ!この辺のヤツは大人しいからよ!ぶっ飛ばそーぜ!』

その後、友達なんかが入り乱れて、5分どころか1時間近くギャンギャンやって解散。
『明日明後日は親父のSHOWに行かないといけないからさー…あとでメールする!』

音お坊ちゃんな感じ全開バリバリバリバリバリのアダム。
メール来るかな???いずれにしてもGood-byeの夜が素晴らしかったことに、なんの変わりもないぜ!

やはりスッゲー気に入ってくれたPAのお兄ちゃんからはすぐにメールあり。
『Let me know if you need anything while you're in town.
 place to stay, etc. I know lots of friendly folks. Good fucking show!!!!』

音が熱がココロを繋いで行く…

ありがとう。
続ニューヨークツアー拡充大作戦 | permalink | - | - | pookmark

OPEN-MIC05:LuckyJack's

週末に向かってどのライブバーもブッキングに力を入れる。よってOPEN-MICが少なくなって行く。ちなみに下記アドレスが参考にしているOPEN-MICカレンダー。

木金土は未だ良いのに当たらない。…Lucky Jack's。6月、一度行ったんだけれど…その時は司会のサーシャの誕生日で、友達が次から次へと来て大騒ぎになって、ついぞ歌えなかった。サーシャはめちゃくちゃ気を遣ってくれる、南米の血が猛るお祭り好きの本当にいい男なんだけれど、ここ他の日は、ほとんどライブブッキングをやっていない。日頃ライブ出演しているような、ロックなヤツが来る可能性が無いワケだ。まあでも、一度は歌ってみたく決定!マンハッタンGrand st駅へ。我がアパートのあるハーレム125stから快速Dトレインで20分そこから徒歩10分。近い。
いい感じに輝くネオンに誘われて扉を開く。構えたところのない、入りやすいバーだ。カウンターばかりの細長い店内、中程にある階段で地下へ。
…キャパ50ほどの空間が目に飛び込んだ瞬間!

『オオオオオーーーーー!久し振りやないかーーー!
じぶん元気だったん!?』
サーシャだ。相変わらず全力で濃いぜ!

ガンガン抱き合ったり握手したり叩き合ったり…これをいちいち来るヤツ来るヤツ全員にするから!20:00少し前に順番を決めるくじ引き開始。サーシャが銀色のバケツに入った、事前に出演希望者が名前を書いた紙を、無作為に引いて行くシステム。30人ぐらい中の10だか11番目。

『さあ、ほんだら行くで〜〜〜〜!天と地とこの夜に乾杯や〜〜〜〜〜!』
サーシャの乾杯の音頭で始まり!始まり!

ここステージがない。だからかスタンドアップコメディーをやるヤツが凄く多い!これがまっっったくチンプンカンプン。1人かなりわかりやすいネタをやってくれたヤツがいて、それがなんとか…笑えた…かな???

『酔っぱらいのウチの爺さんが先日、交通事故で亡くなったんだ。ゴーカートに乗ってて…(笑)高速道路で!(笑)』
ア〜メ〜リ〜カーーーーー!!!!!!(ジングルでアメリカ国家流したろ。)

サーシャがぶっ喋るから10番目とは言え22:30ころだったかな。
お祭り雰囲気だからねー盛り上がらないワケがない。始めた途端、つーかサーシャは今回の定番になりつつあるオープニングMC
『If you feel my energy, please please please give me your energy!』とぶっ叫んだ時点で異様に上がって、手持ちの大きなタイコもどきを打ち鳴らして、一緒にヤル気マンマン!『海部山部』をぶっ弾くと大勢がボンゴだのタンバリンだの、そこらへんにある楽器で飛び込んで来て、大変な騒ぎになった。

Side Walk Cafe観に行くよ!なんて言ってくれる人がいたり、OPEN-MICのドキュメンタリビデオをつくっているので撮らせて!(14th日曜日Pete'sCandyStoreにて実現)なんて人も出て来て、やっぱ行ってみないとわからない。どこで誰が観て聴いて感じているか…とにかくひとつでもふたつでも多く外に出て、激的なエネルギーを放射すること!改めて感じいった夜だった。
深夜帰宅のDトレイン。

今夜も事件は完全に現場で起きているぜ!!!!!
続ニューヨークツアー拡充大作戦 | permalink | - | - | pookmark

OPEN-MIC06:PaddyReilly'sMusicBar

12(金)休み。なんだかんだ疲れていたのかすっげー寝た。ここ6連チャンでぶっ弾きぶっ叫びまくっていたからなー。洗濯、買い物、アパートが音出し禁止なので、近くの公園でギター…街の風景BLGも一度やろー。

明けて13(土)。ちなみに時差=日本時間−12時間。ここ4日間ぶっ壊れていた給湯システムがついに復活!久しぶりのシャワーに感涙!奇麗さっぱり垢を落として本日はマンハッタンミッドイーストお初のバーPaddyReilly'sMusicBarへ。
↑NYは南1thStreet〜北に行くに連れて数の大きいStreetになって行く。EastRiverを渡った南方がブルックリン。
アパートABCD線125St/SideWalkCafeL線1Avから南下/Bar4R線(DN線は通過)ProspectAv東=ここまで行くのに40分くらい。本日のPaddyReilly'sMusicBarは6線28Stの東。

このバーも初めてなら、この辺りに行くのも初めて。落ち着いた街並み。ポツリポツリある店はどれもザックリした外観で、中でもひと際目立つ、スポーツ観戦の出来るバーには人が溢れていて、なぜか浜松町のサラリーマンで溢れる焼き鳥屋を思い出させた。
PaddyReilly'sMusicBar17:50着。ネオンの少ない、ここもザックリドーンとした外観。扉が開け放ってあり、店内は人で賑わっている。ズイズイと店奥のステージまで進むと、スピーカー脇にサインアップ用紙が置いてある。来た順番に好きな番号=出順に名前を書き込めるパターンだ。1から埋まっていて8番目。
ステージ奥にビリヤード台が置いてある10畳ほどのスペースがあって、そこが自然と控え室代わりになっている。結局15人くらい集まったかな。渋めの人が多い感じ。そして、ここからが、久しぶりにお初のバーの洗礼を受けた。とにかく待てど暮らせど順番が来ない。来たヤツのほとんどが司会のおっちゃんと、もはや知り合いのようで、先に先にやらせちゃう。俺とほかにもう3人が、初めて来た感じだったのだが完全に後回し…基本1人2曲やって良いのだが、終了予定時間が21:00までなので、後ろの人は1曲で打ち切れるのだ。そう言えば初めてSideWalkCafeに行った時にはBenにもそうされた。俺の前に数人知り合いを繰り上げて、俺から1曲にしやがったからなー。で、21:00ついに呼ばれる。バーにただ飲みに来ているお客さんが多く、ここまでほとんどの人が演奏を聴いていない。

おまんら許さんぜよ!!!!!とくに司会!!!!!よーく観てろよ!!!!!

友達が競馬のジョッキーで、日本に行ったことがあるんだ…そんな話しをしてくれたカウンターのおっちゃんから火が着いたぜ!
爆発だ!炸裂だ!衝動だ!ロックだ!ロックだ!ロックだ!
『YARITaaaaaaaaaaaaaaWe!!!!!!!!!!!』
エブリバーディちょっと発音違うけどな…(笑)

もちろん2曲完奏。

一度いい!と思ってくれると今度はずんずん来てくれるのが面白いし楽しい。
『グッドジョブだぜ!まあゆっくりして行け!来週も来るのか!?』って司会のおっちゃん。うーーーーむ…さすがにここはどうだろう?お客さんもあまり音好きな感じではなかったし、なんかこーロック臭を全く感じなかったからなー

土曜日、と言うかこれを機に新展開を少し考えてみるさ。
一緒にやったヤツがCDないのー???売ってくれ!って。そう言えば今回はかなりの率で言われるぜ!Benと初めて会った頃とは、俺も変わったんだろーな。
続ニューヨークツアー拡充大作戦 | permalink | - | - | pookmark

OPEN-MIC07:Pete'sCandyStore2

LuckyJack'sで出会ったMJと再会。OPEN-MICのドキュメンタリービデオを撮っているので出演してくれ!と言うことでインタビューを受けた。6月にお世話になったNewkirkのアパート主Sくんが近所のBedfordに引っ越していて、昨夜たまたま観に来てくれていたので、通訳をお願いしつつも、英語と日本語を調和させたKSR語で受け答え。完璧。俺的に。出来上がったらメールする…と言っていたので楽しみに待とう。

さて2週目に突入。俄然顔と名前を覚えられて来たぜ!
『とにかく良いライブを続けていれば、口コミで広がって人が集まり出すみたいっすよ!』Bakersのナガイが言っていたけれど、その感じがひしひしと伝わって来る。
いつの間にかSignUpが始まっていて16番目…むむう…ここではかなり遅い順番。よって一曲の演奏になるも『人間やりたい』をぶっ弾きぶっ叫び!本日も大人しい出演者が集いに集った沈滞ムードを一掃!ディープインパクトとBar4ライブのフライヤー(KSR名刺)をばらばらばら撒き、司会のお兄ちゃんとぶっ話しココロぶっ交わし!CDなんぞも交換しつつ!Sくんのアパートへ!徒歩10秒!これが!

どっしりとした高級マンハッタン風=ブルックリンラガーを置いていないので!バーの2階。ワンベッドルームの縦長広々間取り、ベランダ?=ビルとビルの空きスペースも付いていて、本当に良い環境の素晴らしいアパート!裸一貫NYに来て若干30そこそこでここに住んでいるのは、なんつーかバリバリ格好いいぜ!刺激になるぜ!

Sくんも南さんに会って大いに刺激を受けた!と言ってくれて…こんな時にやっぱり音楽をロックを続けていて、本当に良かった!と噛み締める。

ぶっ倒れるように帰宅…やっべーよアダムからメール来たよ!
本日15(月)5PM〜ウチでPLAYしちゃおーぜ!だって。
続ニューヨークツアー拡充大作戦 | permalink | - | - | pookmark