Ken South Rock!!!!!

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark

無限放送!

昨日マンハッタン南東の外れに井垣を太郎を観に行った!
J線に乗ってマンハッタンに渡ってすぐの駅、エセックスから徒歩3分。ウィリアムズバーグ橋の袂に構えるバーTHE DELANCEY。

21:00到着!地下のライブスペースに降りて行くと、いきなり普通に井垣と太郎が準備体操をしてるじゃない!
…何とも言えず嬉しい光景。なんつーか新宿JAMに来たかのようだ。まあ、石塚店長みたいな人間は見当たらなかったけどね。(笑)

本当に久しぶりの再会。本当はいっぱい話したいこともあるんだけれど、なんも出て来やしない。ここでこうして、普通に会えたことだけで充分で、今は余計な言葉は要らないよって、脳が言葉を押さえ込んだよう。

そうこうしてるうちにライブ!言うまでもなく無限放送はエネルギッシュで、ならではのライブを演りきる。所構わず自分達の当たり前を持ち込んで、でもやがてステージと客席が共振して爆発!感動が生まれる。血が沸き立ち、肉が踊りまくる共通の何か。こうして異国の地で、戦友のライブを観て!聴いて!感じて!巻き込まれると、またよくわかる。国境なんてホントありゃしない。ロックってやっぱすげー。


無限放送はここNYを皮切りに、1ヶ月越え壮絶なアメリカツアーへと出る。

よって残念ながら、本日は早々に散開。

ファイナルでまたNYに戻って来るので、その時にはさらにさらにものすっげーライブに巻き込まれまくって、そして居酒屋でがっつり話してどっぷり飲むのさ!

- | permalink | - | - | pookmark

BOS FESとアルバイトー!

VOS FES!受け入れてくれる人、受け入れてくれない人がまっぷたつに別れた。意気込みが音よりも前に出てしまって、特にはじめて観る人たちには壁を感じさせてしまったかな…中盤以降、音と気のバランスが絶妙にとれ始め、ラスト"VOLCANO"でついに爆発!なんとかねじ伏せたライブだった!!!!!
暗黙の了解的に、翌日は思うがままセッションに没頭した。先日の東アジアツアー時、上諏訪のオフ日にやったセッションから、音も気持ちも抜群に突き抜けた。
これだけツアーに出ていると、知らず知らずお互い、いろーんな部分が変わって行ってるんだと思う。日々変わって行ってるんだと思う。そんな中でノリが出ない時に、以前のノリを取り戻そうとしても、そりゃー難しい。コピーバンドみたいになっちゃうよね。現在のよさを改めて理解し合うことで、次のステップに進めるってことを学んだ。その最良の手段が、音でバンドでひたすら自由に遊ぶこと、セッションなんだろうなあ。手応えあり。久しぶりに、よいミクスチャーの新曲も出来そうだ。

さてさて相変わらずバカみたいに金がない。だがしかし飯と酒と煙草は買わなくちゃあならない。そんな状況の中、高額アルバイトが一発!飛び込んだ!
アダムの知り合いが、個人所有レベルを遥かにぶっ超えた(写真参照)PA卓を購入。こいつをアパート3階の自室に運び入れるアルバイト。それが何故に高額かと言うと、まず卓が半端なくデカくて重たいのだが、アパートにエレベーターは無く、階段はあまりに狭い。そのままでは踊り場でつかえてしまう。つまりだな、一度卓を一階でバラバラに分解して、そのパーツパーツを運び上げるしかないのだ。それでもまだ大枠が部屋のドアを通過出来ないので、さらには部屋のドアを壁をぶっ壊して搬入。後にドアを壁を再生すると言う…まあ日本の賃貸事情じゃあまず考えられない、激しい内容のバイトだからである。
朝の9時入り。絶好調に晴れ。マッシュしたトウモロコシとチキンをこねて、トウモロコシの皮に包んで蒸し上げた、とても素朴で美味しいメキシカンソウルフードを片手にアパート到着。早速カナヅチやらドライバーやら腕力やらを駆使して、ドアを外し壁をぶっ壊しにかかる。アパート自体は鉄筋なんだけれど、部屋を仕切る壁は木造なので、そんなに難しいことはない。昼過ぎには解体完了、巨大な宅配ピザとコーラの昼食を囲み一服していると、やがてPA卓到着。これが…
どーーーーーん!重厚な木枠堂々32チャンネルのオールドタイプ!予想を遥かにぶっ超えた凄まじい圧力!俺一人じゃあピクリとも動きゃあしない。(写真は解体途中の姿)
そいつをKSRのファーストレコーディングでもお世話になったエンジニア、ジェイソンの指導のもと4人がかりで、ドライバー片手5時間かけて分解!それでもなお本体がバリバリ重たい!急遽、力自慢3人を追加招集。1、2、3のかけ声とともに、汗にまみれ、力を振り絞り亀の歩みで階段を登る。登る。登る。

卓が部屋に納まったのは、陽もとっぷりと暮れた午後9時!ビール最高!
しかしあの卓、ひとりでもとの姿に戻すの大変だぜー…それまでドアと壁はぶっ壊れたままだ。
- | permalink | - | - | pookmark

BOS FESTIVAL!!!!!

今夜だ!!!!!
ここBUSHWICKがアートで埋め尽くされる
BUSHWICK OPEN STUDIOS!

その音楽祭に去年に引き続き参戦!と言っても状況はずいぶん違う。今年はヘッドライナーだ!自他ともに認めるBUSHWICKの代表バンドに成長した、と言わせてもらおう。

もう今すぐにでもぶっ叫びたい!ぶっかき鳴らしたい!この!ゾクゾクするような緊張感!最高だ!

行くぞ!!!!!景気づけにSOLD OUTした台北UNDER WORLDの激烈ライブを一発!
今夜も暴動必至!観て!聴いて!感じろ!!!!!

- | permalink | - | - | pookmark

EXPLOSION EAST ASIA TOUR 2013

日本編前売り予約開始!!!!!

日本編前売予約
上記前売り予約をクリック!希望日時、ライブハウス、名前、人数を明記のうえ送信よろしく!
4/16(TUE)渋谷LUSH
4/18(THU)下北沢CLUB QUE
4/20(SAT)上諏訪DOORS
4/22(MON)名古屋SONSETSTRIP
4/23(TUE)京都DEWEY
4/24(WED)大阪HARD RAIN
4/26(FRI)神戸HELLUVA LOUNGE
4/27(SAT)徳島STUDIO TORIGORO
4/28(SUN)倉敷RED HOUSE
4/29(MON)福山MUSIC FACTORY
5/1(WED)岩国ROCK COOUNTRY
5/2(THU)黒崎MARCUS
5/3(FRI)大分ATHALL
5/4(SAT)佐賀ROCK RIDE
5/6(MON)鹿児島SR HALL
5/9(THU)下北沢CLUB 251
EXPLOSION EAST ASIA TOUR | permalink | - | - | pookmark

2012KEN SOUTH ROCK&食!

2月のニューヨークから爆発を始めた2012年のKEN SOUTH ROCK!続く3月、連日暴動のごときモッシュにダイブにまみれにまみれて!まさにロック一色!6人ぎゅうぎゅうのバンに揺られて!泣いて!笑って!喧嘩して!広野を駆け抜けたEAST COAST TOUR!!!!!Tampaで自然発生した感動の『YUME』『NINGEN』=日本語の大合唱!Houstonでは突如決まった午前4時のライブ、アンプや出演順など揉めに揉めてからの壮絶なる死闘!そしてSt Louisアパート地下のライブで起きた、何もかもぶっ壊れんばかりの大暴動!!!!!
アダムママの手作り料理!ベーコンの甘煮、ラムの塩茹で、七面鳥のスープ…
どれひとつ取っても、優しくも芯の強い個性を感じる傑作が並ぶ。愛情が真心が人間がこもった料理。美味しいだけではなくて、魂を優しく揺さぶる母の味。

4月にはそのツアーで培ったエネルギーを引っさげ、ナッシュビルに急行。アルバム『VOLCANO』を、まさに合宿レコーディング!エンジニアプロデューサーのAndrija、アダム、そして何より自分と大いに闘い、そしてそこから共振共鳴することによって、血脈打つ納得のアルバムを産み落とした!!!!!

No photo
ナッシュビルで食った、1人でバーを切り盛りするおっちゃんのチーズバーガー。
気に入らない客には2本目のビールは出さない。常に仏頂面のおっちゃん。そんなバーに夜な夜なバンドが集まって来て、演奏を始める。老いも若きも関係ない。ビール片手に音にまみれる。アメリカのすっげーいいとこ。そしてすっげーいいバーガー。


互いに2ヶ月の貯金生活を経て、夏にはいよいよ3度目となる日本ツアーを決行!今回は水中ブランコ、ジョン、そしてウォルターと青春18切符にて進軍!主張の強い人間が多い分、それは強い信念=ロック魂を常に宿し続けていなければ、ブレブレツアーになってしまう危険を常に孕んだものであった。が、結果全員が連日ライブに集中、まさにロック魂炸裂!その瞬間にこそ輝きまくった!そしてまたライブ前後には、決して身内だけで固まることなく、大いに土地土地に交ざり語り、刺激を酌み交わした!今回新たに受け入れてもらった岩国ロッカン!岡山ペパー!倉敷RED BOX!熊本NAVARO!においての一体感が、そんなツアーの素晴らしさを物語っていた!真の出会い多き誇らしい1ヶ月だった!!!!!
岩国駅前のラーメン。シンプルだけれどやはり奥深い。自信を信念を以てつくり続けて来た味力は、舌先を惑わし食わすような流行ヌードルとは一線を画する。つーか違う食べもの。


9月、ついに日本アメリカ以外の国、台湾へと乗り込んだ!
BEASTIE ROCK Fesの鳴り止まぬアンコール!台東では冷めぬライブの熱を湛えたまま、朝方までその野外のステージで、地元の老若男女入り乱れて呑んで歌って踊った!台北PIPEのライブでは『HOLD ON』を、これでもかと会場全体で腹の底から奏でた!その熱量たるや!!!!!出来うる限りその土地土地にまみれまくって、新たな発見をしながら音を鳴らして行く、その信念!いよいよ一点の曇りもないぜ!日米を離れたことで、アダムとの信頼関係もより凄みを増し、まさに次へとつながる、ソラをつなげる素晴らしきツアーだった!!!!!
台東のオイスター入り麺細。やっぱこれだなー


台湾ツアーを経て、秋口からはUS VISAの獲得に向けて本格的に始動!9月以降、音こそ鳴らしてはいないが、アダム共々、弁護士や支援してくれる方々とのコミュニケーション、必要資料の収集に奔走!それは昔お世話になったレーベルや、マスコミ関係の方々と再会するきっかけを与えてくれ、過去の自分そしてバンド、作品、ライブを見直すことで、現在を見つめ未来を思い描く時間をもつくってくれた。これまた沢山の新たな刺激をもらっている!


2012もぶっ飛んだ!!!!!

観る前に

空を風を感じて

高く高く遠く深く

瞬間を
未来を感じて!
- | permalink | - | - | pookmark