Ken South Rock!!!!!

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< ブルックリン一発!!!!!二発!!!!! | main | Bushwick自炊事情!!!!! >>

3発!Goodbye Blue Monday/Brooklyn, NY!!!!!

アダムと同居しているアパートの一階にあるバーGoodbye Blue Monday。一昨年の11月にアダムと出会った因縁の場所…その頃は無造作にガラクタを並べただけの、まともなスピーカー、カウンターさへ無いガランとしたバーだった。そのあと立派なカウンターや、中庭スペース、PAブースが出来て、堂々スピーカーが設置され、缶ビールだけだったドリンクは数種の生ビールをはじめ豊富なリキュール、それはもう日本酒さへ置かれ、がっつり食事まで出す、今やランチ営業も好調なブッシュウィックを代表するバーになった。そう!Goddbye Blue MondayはKen South Rockと共に成長しているのだ!過言!でも本当、GoodbyeはKSRにかなりの期待をしてくれていて、オーナーと店長のスティーブが今回4月のレコーディング費用〜ナッシュビルまでの往復航空チケット込み込み!を出してくれたり、先日は倉庫に眠っていたベースアンプをプレゼントしてくれたり、昨夜はライブにインタビュアーを連れて来てくれたりと、至れり尽くせりだ。

3発!Goodbye Blue Monday!11PM!満員のお客さんにまずは胸を撫で下ろす思い。皆、バカバカ飲んで食うからライブは無料なんだけれど、これで営業は成り立ちまくる。
1番手はClear Plastic Masks!かつてアダムとバンドをやっていた、生まれた時からボーカルだったような男、アンドリュー率いるタレント揃いのバンド。
ドラムのチャーリーはまさにドラムが悲鳴をあげるハードヒッター。ボンゾ剥き出しのドラミングが、実に歌を曲を前に押し出しまくる。しかも高ぶってドラムを蹴倒し暴れ出すから、もう手に負えないぐらい格好いい!ギターはアパートを一緒にシェアーしている、ピッツバーグの実家にお邪魔させてもらったこともあるマット。この働きに行くのを見たことがない、一日中家で酒を片手に楽器を鳴らし音楽にまみれているぐーたら男は、その手にしたあらゆる楽器で自分を表現できる人。天才。ベースのエディーはぐっでんぐっでんに酔っぱらって、底抜けの笑顔でギャグを飛ばし続けるデタラメ人間!その実エディーがプロデュースしたレコーディング作品の、そのシンプルで分厚く華やかな音作りにはただただ脱帽、感動させられる。全員30そこそこで脂も乗っている、ブルース&ロックンロールにスパイスを加えた、王道のロックバンドだ。2月には同じナッシュビルのスタジオで、長期レコーディングを控えていたりと、お互いに強く意識し合っている近しきライバル。

アンドリューの歌声と、ウィットに富んだMC(多分ね…)が会場を包み、その力強い演奏が腰を躍らす。いっくら練習したところで決して身に付く事の無い"魅力"が躍動する。ロックかくあるべし。最高だね。気持ちよく音を酒を体にぶちこんで!さあ出番だ!

リハ、新曲、アンプ、エフェクターも整い態勢は整った!緊張とリラックスのバランスが、絶妙に仕上がっている!"YUME"のイントロで確信。今夜は凄いことになるぜ!!!!!

YUME
NINGEN
海部山部
Don't let them take your under
Hold on
Volcano(新曲)
るぐるぐるぐるぐ

全7曲。観戦していた、そのひとりひとりの腹の底からわき出すような、歓喜の咆哮に包まれ幕切れ。噛み締めるように走り抜けた40分。ベストライブ。

余韻とビールと2月の夜風を浴びて、汗を乾かし熱を覚ます…やがてラストに登場はRock it from a drone!天然過ぎるサイケデリック!!!!!思いっきりココロをカラダを踊らせて!飲んで!飲んで!飲みまくって!!!!!さらに3AM店を閉めたあと、思い思いの楽器を手に、酔い狂い咲き乱れセッション大突入!!!!!朝方、駅前の屋台に繰り出してタコス&ブリトー!!!!!宴は終わらない!!!!!!!!!!!

1、2発目のあとは主にレコーディングをしていた。これはアダムと出会った直後に、アルバム"NINGEN"を録らさせてもらったThree egg studioにて。オーナーの奢りだ!!!!!同スタジオ所属のエンジニア、ブライアンから『ぜひやらせて欲しい!』と連絡があり実現。そんな経緯のため、一切をブライアンに任せるのが条件。完全一発録り〜ライブをまんま録音する感じだよね。ただしギターとドラムの部屋を防音ガラス越しにわけて、それぞれの音がかぶらないようにした。ミックスでブライアンが音を作り込む方向だ。もう録音は全て終わって、現在ブライアンが奮闘中!こんなにも俺に任せろ!的なレコーディングははじめてなので、大変に出来上がりが楽しみだ!

日帰りでボストンにも行って来た。来年の全米ツアー実現に向けて、VISAを取得するべく敏腕弁護士に会いに。こちらも手応え十二分!!!!!
ふらり立ち寄った中華はいただけなかったなー

これぞ油そば!ラー油に麺が浮いているだけ!!!!!
NY&EAST COAST TOUR in US | permalink | - | - | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark